CBR1100XX(VTR1000SP-1フォーク)にゲイルホイール取付け2013年09月17日


CBR1100XXに「CBR1100XX用ゲイルスピードホイール」を取り付けるのですが、無加工では取付けできません。
なぜCBR用に専用設計されたホイールが付かないかと言うと…



この車両、ステムやフォークをVTR1000SP-1(SP-2?)用に変更されています。
専用に加工された物をネットオークションで購入したので、ステムやフォークは問題なく装着できているのですが、ホイールに関してはCBR用は取り付けできません(SP-1用のホイールなら問題なく取り付け可能です)
これまで使っていたCBR用のゲイルを活かしたいとの事で作業開始です。



SP-1とCBRではアクスルシャフト径が異なりますので、それに合わせてカラーを作製します。
もちろんホイールがセンターにくるようにカラーの幅も再設定します。



フロントディスクの左右間ピッチも異なりますので、シムを使ってキャリパーセンターが出るように調整します。
あまりシムが厚くなるとキャリパーを固定するボルトに負担がかかったり、剛性が落ちたりするのですが、今回はそこまで厚いシムにはならなかったのでこの方法を取りました。



装着完了です。



無事に前後ともゲイルホイールになりました。


ホイール、キャリパーフィッティング(参考価格¥19,000)

※参考価格には加工検討技術料、図面作成費等を含んでいます。
※参考価格は税抜価格です。
※作業内容により価格は変動します。各作業内容の価格は参考価格ですので、あくまでも目安としてご覧下さい。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://metalgear-works.asablo.jp/blog/2013/09/17/6985021/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。